都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

熊に会ったら死んだふりをしても意味がない

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
「熊に会ったら死んだふりをすると助かる」
誰もが一度は聞いたことがあると思う。


大正4年に起こった北海道の苫前村。
2晩のうちに一頭のヒグマが、
胎児を含めて7人を殺し、
3人に重軽傷を負わせ
しかも、犠牲者の多くを食ったという事件が起きた。

この事件で、無傷で生き残った
11歳の男の子と、6歳の女の子がいた。

男の子は積んであった俵の間に潜って助かった。

女の子は布団の中で、事件を知らずに眠っていた。

熊には、自分が倒した自分の獲物に執着し、
その獲物を妨げる者を「排除」しようとする習性が強い。
そのことが犠牲者を追跡したり、
遺骸から離れない執拗さとなって現れる。

たまたま何の抵抗もなく眠っていた女の子が、
熊の被害から逃れたというエピソードが広まり、

「熊に会ったら死んだふりをすると助かる」
と言われるようになった。

しかし近年は「死んだフリは逆効果」
というのが、常識として知られるようになっている。

「熊もビックリして襲う」
「死んだフリをしていると、確認のために熊が噛みついたりする」
など言われており、

予防法として、
「突然あわないように、
ラジオなどをかけて歩く、
笛、鈴などで自分の存在を知らせる」

会ってしまったら、
「騒がない」
「そっと下がる」
「背中を見せて逃げない」
などの方法が有効とされる。
都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2008/11/16|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toshidendaizen.blog118.fc2.com/tb.php/177-6c58f726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。