都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

7はラッキーセブンではない

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
7といえば「ラッキーセブン」などと言ったりするように
一般に幸運な数字として知られていますが実は全く違うのではと言われてています。

かつて中国では皇帝に恥をかかせるなどの
大失態を犯した者は生きてはいられなかったらしいです。
残された道は自害のみ…腹を十字に切る、いわゆる切腹。

その方法は「十字切り」といってまずは腹を横に切り、
その腹に刺さった刃物を一度引き抜いて、
次に腹の上部から縦に刃物を引き下ろしたそうです。

その際に十の字に切った腹の下の方から血まみれの腸が飛び出してしまう。
「十」という字に、飛び出た血だらけの腸の形を付け足したものが「七」なのだそうです。

古代における内臓の定義は、目にはっきりとみえる大きなものだけだったという。
それに当たるのが心臓、肝臓、肺臓、脾臓、腎臓、胃臓、腸臓である。
切り裂かれた腹から確認される臓器の数も七つだったそうです。

天に昇った死霊を弔う行事である七夕。
亡くなった者を供養する最初の日は初七日。
喪に服するのは七月の二乗である四十九日。

このように「七」には常に「死」がつきまとう。
「七福神」というめでたいイメージもあるが、
これは「七」が持つ不吉さを払い除けるための存在なんだそうです。

漢字で書く「七」は、ラッキーには程遠い存在なのです。
都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2011/01/14|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toshidendaizen.blog118.fc2.com/tb.php/327-8af69c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。