都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

焼き目で肉汁を閉じ込めることはできない

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
強火で焼き目をつけることで肉汁を閉じ込められると19世紀ドイツの科学者リービッヒが提唱。

リービッヒは表面を一気に加熱することで水分を通さない膜、殻のようなものが形成され
肉片を沸騰する水に入れ、次に温度を下げてとろ火で煮込むと表面のたんぱく質が凝固し、
外側の水がしみこまないことを説明している。
同じ理屈で、肉を焼く時もまず表面を焼き目をつければ内側の水分=肉汁が逃げないようになると主張。
この考えはたちまち広まり、多くの料理書で書かれるようになった。

しかし、1930年代に行われた簡単な実験でこの考えが間違っていることが実証された。
肉を焼きつけた部分からも水分は出ていくのである。
水分が出ているからこそ鉄板の上でジュージューと水分が蒸発する音がするし、
焼き目をつけただけの肉を皿に乗せておけば皿に肉汁が溜まる。

表面に焼き目をつけることで肉汁を閉じ込めることはできないのである。


高温で焼き目を付けたことで起こるメイラード反応により肉の表面で褐変反応産物が生じて風味は増す。
つまり風味を増す方法として表面を焼き付けるのは正しい。

しかし「風味を増すため」としてではなく
「肉汁が逃げないよう」焼き目つけるという話のほうが普及している。
都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2013/08/23|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toshidendaizen.blog118.fc2.com/tb.php/467-76f20062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。