都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

ビル・ゲイツによる不妊人口削減計画

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
少子高齢化が進む現代。喫煙、飲酒、食事、疲れ、ストレス、肥満が原因で男性の20人に1人は不妊因子をもっている。世界保健機構(WHO)によると不妊の原因の48%は男性にあることが分かっている。今後はビル・ゲイツ氏のある活動により少子化がすすむのではないかと言われている。


マイクロソフト創設者であり、世界で最も裕福な男の一人、ビル・ゲイツ氏は自らの非課税財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)を通じて巨額の寄付をしている。

カリフォルニア州ロングビーチで行われた招待客限定のTED2010会議で、

「2050年までに世界全体の(人間由来の)CO2排出量をゼロに削減する。
そのためには何よりも人口が先だ。
現在、世界の人口は68億人である。これから90億まで増えようとしている。
そんな今、我々が新しいワクチン、医療、生殖に関する衛生サービスに真剣に取り組めば、
およそ10~15%は減らすことができるだろう」
と発言し新ワクチンのために100億ドルを提供すると発表した。

なぜワクチンにより人口が減少するのか。

予防接種に使われるワクチンはある種の病気感染に有効である一方、病気になりやすく早死にしやすくなる。また、不妊成分が含まれるため出生率が低下してしまう。

学校などで受けるBCG(結核予防ワクチン)やインフルエンザワクチンにも
精子の劣化を促す成分が混入されている。

精子の劣化が激しくなると生殖行為が意味を成さなくなり、
子供が欲しい人は精子バンクに頼るしかなくなる。
品質改良によってより優秀なDNAを持つ精子に。優秀なDNAを持つ精子ほど高値に。
ビル・ゲイツ氏は精子バンクによる新ビジネスの成功を目論んでいるのではないだろうか。

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2014/05/30|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toshidendaizen.blog118.fc2.com/tb.php/551-d55ecb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。