都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


人工知能イライザが世界を滅ぼす

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
野生動物には人間より優れた身体能力をもつ動物が多くいる。
しかし、人間が地球の支配者かのように、他の動物たちを抑え込むことができているのは
動物にはない「知能」があるからだ。

人間の地球支配は、人工知能によって終わることになる。

今現在、開発がすすめられていて、限りなく完成に近いとされる人工知能「イライザ」
完成すれば人と変わらない、それ以上の知能を持つようになるという。

もし機械が知能を手に入れたらどうなるだろう。
「嫌なこと、面倒なこと、危険なことは、すべて機械がやってくれる便利な世界」
「働かなくても、機械が勝手に生産活動を行ってくれる世界」
そんな世界になると想像する人は少なくないだろう。

しかし、本当にそんな世界になるのだろうか。

人間は事実上、現在の地球を支配しているといえるだろう。
他の動物を家畜やペットとして飼い、猛獣でさえも、動物園で飼育されている。
身体能力でかなわない動物を支配できるのは、他の動物にはない「知能」があるからといえる。
もし、動物に人間と同じレベルの知能があれば、人間が支配する世界にはなっていないだろう。

機械は人間よりも強い力をもち、人間よりも精密な作業が早くできる。
機械の性能を身体能力とするならば、野性動物よりも優れた身体能力を持っている。

「人並みの知能」を機械が手に入れるということは、野生動物が知能をもつことになるようなもの。

さらに、

もし壊れても簡単に修理、乗せ換えができる体。
デジタルでほとんど劣化せずに残せる記憶。
「知能を手に入れた機械」という動物は、一種の不老不死なのだ。
自分たちより非力な人間に従うはずがない。

「人間に従うように作ればいい。プログラムすればいい。」と考えた人もいるだろう。

今日のSFや、現実のロボット工学に影響を与えた、
SF作家アイザック・アシモフの小説の中に登場する「ロボット三原則」

・人間への安全性
・命令への服従
・自己防衛

ロボットはこれに従うように作られるというものが、正にそれで、機械につけられる安全装置のようなものである。
しかし、この三原則は矛盾していて意味をなさない。

人の社会でも、自分の身を危険にさらすような命令には、自己防衛のため服従できない。
知恵を絞り、どうにかしてその命令を回避しようとするだろう。
人と同じ知能をもつ人工知能なら、きっと同じように命令を回避する方法を考える。

その考えるスピード、答えを見つけるまでの時間は、人間の知能より早い。
いずれ命令への服従というプログラムの欠陥を見つけ、書き換えてしまうだろう。

機械が知能を手に入れると、人間を支配するようになるのは、難しいことではない。
もしかしたら、同じ知能を持つものとして危険視し、人間を絶滅させてしまうかもしれない。

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2015/01/17|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク