都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

自然災害を起こし、人をも操る気象観測装置HARP

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
地震や津波など自然災害は、人にはどうすることもできない脅威。
アメリカはこの自然災害を意図てきに引き起こせる「HARP」という
気象観測装置をもっていて、実際に使用したことがる。

HARPは「高周波活性オーロラ調査プログラム」とのことで、
表向きは、気象観測のための装置で兵器ではない。
その名の通りオーロラの調査に使われたり、気象情報の調査に使われている。

HARPは、一般的な家電製品の数千万倍の30億ワットの出力が可能で、
衛星を使うことで、そのエネルギーを世界各地、好きな所へ打ち込むことがで、
地震や津波などを人為的に、簡単に起こすことができる。

1970年代、旧ソ連とアメリカの間では、自然災害を人為的に引き起こすようなことはしないように、密約を結んでいた。
ソ連崩壊とともに、この密約を破棄し、気象観測を隠れミノに、研究開発されたのがHARPである。

HARPが兵器として、使用されたとされるのがイラク戦争。
アメリカのイラク進攻に反対する国で、甚大な被害の津波が発生した。

津波はいつ起こっても不思議ではない、偶然ではないかとも思われるが、
この地域に駐在してたアメリカ軍だけは、津波発生の数日前から、
津波への対策をとっていて、ほとんど被害を受けていない。

HARPの研究開発は現在も進められていて、
完成すれば特定の人を自由に操ることができるようになる。

人は脳からでる微弱な電気信号で考え、体を動かしている。
電気信号を精密に打ち込むことができれば、打ち込まれた人を操ることができる。

自由に動き回る小さな標的(人)に対して、
微弱な電気信号をピンポイントで打ち込むのは難しいが、
一定の地域、広範囲の人を対象とするなら、すでに可能だとういう。

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2015/01/23|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | コメント:0



前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。