都市伝説まとめブログ

都市伝説大全まとめ

定番都市伝説から新説都市伝説まで集めてみました。
都市伝説とまではいかないが、どこかで聞いた事があるような噂話も。
根も葉もないただの噂なのか、それとも実話なのか。
噂が新しい噂を作り、新しい都市伝説へと発展していく。
いつの日か都市伝説が噂ではなく、真実だったと分かる日がくるのだろうか…


スポンサーサイト

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--|
  2. カテゴリ:スポンサー広告

太る原因は腸内のデブ菌だった

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら[http://tdtaizen.com]
entry-651.png
人の腸内には100種類以上、100兆個以上の腸内細菌がいる。
腸内細菌にはデブ菌がいて、太るのはこのデブ菌にも原因がある。

クロストリジウム・ディフィシルという細菌の感染症がある。
抗菌薬の使用によりバランスが崩れた結果、
下痢を起こしたり、毒素をつくる病気。

この感染症に、健康な人の糞便からの抽出物を使う方法が注目されている。
糞便の約半分は腸内細菌である。
健康な腸内細菌を移植することで、健全な細菌群を回復させることができる。

ヨーグルトなど乳酸菌が、腸によいとされるのと同じである。

この治療法を受けたあと、急に短期間で肥満になる人が増加している。
肥満になった人に共通しているのは、
肥満の人の糞便からの抽出物を使ったということ。

ある女性は、自分の娘の抽出物を移植する治療だった。
娘は肥満である以外は、健康状態は良好。
移植前の女性の体重は62kg、BMIは26

16か月後は、体重77kg、BMIは33まで増加。
移植後3年間、減量の努力、運動をしっかりしていたが、
体重もBMIも減少することなく、肥満になってしまった。

アメリカのマウスを使った研究でも、
正常体重マウスに、肥満マウスの糞便からの抽出物を移植すると、
脂肪量が増え肥満になることが確認されている。

また1日中食べ続けると腸内はデブ菌が占領するという報告もある。

カロリー計算された食事、しっかり運動して、
ダイエットしても痩せないというのは、腸内のデブ菌が多いせいかもしれない。

都市伝説大全は移転しました。移転先でブログ更新中です。
新しい都市伝説大全のURLはこちら
http://tdtaizen.com



  1. 2015/02/11|
  2. カテゴリ:信じてしまう系
  3. | コメント:0

前の都市伝説記事
次の都市伝説記事

都市伝説記事一覧|

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

前の都市伝説
都市伝説大全トップに戻る



最近の記事

 ■過去記事一覧()

都市伝説カテゴリー


人気の都市伝説

RSSリンク

コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。